ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 (新潮文庫)

3.90
  • (213)
  • (264)
  • (269)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 1847
レビュー : 205
制作 : Stephen King  浅倉 久志 
Ryosuke Okamotoさん  未設定  読み終わった 

1刑務所のリタヘイワース
映画ショーシャンクの空にの原作で、実際に文章で読むと想像が膨らみ、映画で見ていたからイメージしやすかった。アメリカンジョークなどが多く、少し共感できづらいところもあったがやはりラストは感動。
ところどころ違うところがあり、スッキリするのは映画の方かもしれない。だが、不朽の名作だった。希望とは素晴らしい!
2ゴールデンボーイ
ホロコーストに興味のある主人公トッドが近所のデンカー(ドゥサンダー)という老人がナチの犯罪者であったことを知り、足繁く彼の家に通い始める。初めは優位にたっていたトッドだが、徐々にドゥサンダーに形勢を逆転されていくのが滑稽であり、恐怖でもあった。昔の感覚を取り戻していくドゥサンダーと、次第に荒れ、凶悪な犯罪者になるトッド。この2人の奇妙な関係が描かれていた。
ラストの畳み掛けは少し弱かったが、設定はとても面白く、ホロコーストの恐ろしさも文面から伝わった。

レビュー投稿日
2018年12月12日
読了日
2018年12月12日
本棚登録日
2018年12月12日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 (...』のレビューをもっとみる

『ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする