猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫)

4.04
  • (530)
  • (487)
  • (296)
  • (61)
  • (20)
本棚登録 : 4182
レビュー : 531
著者 :
m.cafeさん 小川洋子   読み終わった 

とても美しく優しい物語。
リトル・アリョウヒンとまわりにいる友だち、インディラもミイラもポーンもマスターも、みんな優しい。
一語も見逃さないように、物語の空気を乱さないように、大切に読んだ。
果てしなく広くて深い海の底を泳いでいるような感じが本当に伝わってくる。

レビュー投稿日
2012年6月2日
読了日
2012年6月2日
本棚登録日
2012年6月2日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫)』のレビューへのコメント

猫丸(nyancomaru)さん (2012年6月25日)

「果てしなく広くて深い海の底を」
チェス好き(下手も横好きです)、人形好き、猫好きの私のは格別の一冊。
そして装丁に使われた前田昌良の作品も素晴しい!

m.cafeさん (2012年6月27日)

題名も表紙もほんとに素敵な本ですね。
チェスを知らなくても充分楽しめました。(^^♪

猫丸(nyancomaru)さん (2013年8月6日)

「題名も表紙もほんとに素敵な本」
小川洋子の本は、表紙に凝ってるコトが多いので、いつも新刊の話を聞くたびにソワソワしちゃいます。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする