麦本三歩の好きなもの 第一集 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎 (2021年1月14日発売)
3.57
  • (306)
  • (370)
  • (397)
  • (145)
  • (54)
本棚登録 : 6519
感想 : 457
4

麦本三歩の日常は、好きなもので溢れている。
大学図書館で働き、怒られ、たまに褒められる毎日を送っている。
すぐに言葉を噛むし、人見知りだけど、抜け加減がちょうどいい、自然体すぎる三歩がかわいい。
大学の男友達と水族館へ行くお話も、麗しき友人と温泉旅行へ行くお話もよかった。
三歩は自分の気持ちに正直で、基本優しい子なのだ。
「優しい先輩」や「怖い先輩」のプライベートに、少しだけ近づいてみたり、なんだかんだで愛されキャラだけど、「おかしな先輩」とのお話は深イイ話だった。
ずるいことしたり、人に噓ついたり、でも生きていかなくちゃいけなくて。
だけど自分をそんな嫌な奴だと思いたくなくて、他人を甘やかしたり、甘やかしてもらったり、必ずちょっとだけ反省して人は生きていくしかないんだって。

嫌いなもののことじゃなく、好きなものの話をしていたい。そんな心温まるお話。
前向きな気持ちになれます。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 住野よる
感想投稿日 : 2021年8月28日
読了日 : 2021年8月28日
本棚登録日 : 2021年8月28日

みんなの感想をみる

コメント 2件

りまのさんのコメント
2021/08/29

m.cafeさん こんにちは。
今、この本 読んでる途中なんですが、m.cafeさんのレビューが、なんだか気持ちにピッタリきて、じんわり感動してしまいました。
図書館で借りた本が沢山あり、そちらを先に読むので、「麦本三歩の…」は、そのあいまにゆっくり楽しんで よみます。
素敵なレビュー、ありがとうございました♪

m.cafeさんのコメント
2021/08/29

りまのさん こんにちは。
コメントいただけてとても嬉しいです♪
この本私の年齢に合うかなぁ、と一度は躊躇したのですが、読んでよかったです!三歩ちゃんかわいいですよね♡
りまのさんのレビューも楽しみにしてます。
これからもよろしくお願いしますね!

ツイートする