桜の森の満開の下

3.80
  • (39)
  • (56)
  • (57)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 422
レビュー : 69
著者 :
藤矢世知さん  未設定  読み終わった 

ブンゴウメール4月配信作品。


坂口安吾の作品もブンゴウメールで初めて読ました-

桜の木の下には…、というのは色々なところで読んだこと聞いたことはあったけれど。

途中で首遊びが出てきた時は、それが唐突で、比喩なのか?本当に本物の人の頭なのか?人形のことなのか???混乱しました。

不思議で淋しい、幻想的なお話でした。


メモ
今様━今日風・現代風の意味。
歴史的には,平安時代中期から鎌倉時代にかけて宮廷で流行した歌謡のことを指す。
これを「今様歌」といい,今様はその略。神楽歌(かぐらうた)・催馬楽(さいばら)など以前からの歌(古様)に対して,当代最新(今様)の流行歌。

レビュー投稿日
2019年4月30日
読了日
2019年4月30日
本棚登録日
2019年4月30日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『桜の森の満開の下』のレビューをもっとみる

『桜の森の満開の下』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする