新装版 坂の上の雲 (3) (文春文庫)

3.95
  • (587)
  • (462)
  • (615)
  • (20)
  • (4)
本棚登録 : 4628
レビュー : 274
著者 :
celeste0808さん  未設定  読み終わった 

正岡子規の死。それと同時に緊張が高まる、ロシアのアジアへの南侵攻。艦隊勤務となる真之。
日露戦争前のロシア、ヨーロッパ、日本の多角的視点から開戦までを捉えている。
そして開戦。海軍による黄海での制海権の獲得に至る、仁川、旅順開戦。度重なる閉塞作戦。陸軍一軍、二軍の上陸。
太平洋戦争とは違う合理主義的な考え方が、軍部上層部にあり、哲学、精神論は二の次。

個人的には、ヴィッカーズ社から回航してきた戦艦三笠、同型艦朝日。いよいよ6隻の戦艦を主体とした日本海海軍連合艦隊が佐世保が出港していくシーンはとても好きです。

レビュー投稿日
2016年8月16日
読了日
2014年8月23日
本棚登録日
2014年8月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新装版 坂の上の雲 (3) (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『新装版 坂の上の雲 (3) (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする