ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~ (メディアワークス文庫)

3.78
  • (1768)
  • (3699)
  • (2757)
  • (381)
  • (50)
本棚登録 : 20718
レビュー : 3133
著者 :
制作 : 越島 はぐ 
chabu-daiさん ラノベ   読み終わった 

夏目漱石の「それから」に署名して、不倫相手の人妻に贈る。しかも、単行本ではなく本棚にあると不自然に見える全集の1冊を…。これって「氷の微笑」的な嫌がらせですよね。栞子さん、そこはスルーなの? あとで、どろどろとしたサスペンスにつながるはず、と期待するものの、なんかいい話で終わっている??

まあ、そんなゆるーい、いい感じの小説。アニメのナレーション的語り口、気恥ずかしくなるようなベタな展開、気になる点は多いが、意外にも楽しめた。

それは、作家が本当に本好きだから。ビブリオマニアの世界をマニア向けではなくやさしく表現しているのはたいしたもの。
で、伝説の生き物である「ロングヘアの黒髪、色白、読書好きで恥ずかしがり屋、でも自分にだけは好意を寄せてくれる女性(しかも巨乳)」を妄想全開で嬉々として書いてるから、他のキャラはともかく、そこだけ活き活きしている。

ピーター・ディッキンソン、アンナ・カヴァンとなかなか手にはいらないサンリオ文庫の本、森山大道の写真集、と栞子が読んでいる本にジェラシー。

…と、いろいろ書いていたが、ブクログのレビューをパラパラと見ていたら、まったく小説を読んだことがなかった方が、この本をきっかけに読書の面白さを知った、とあり、素直に本を読めなくなった自分を反省する夜。

レビュー投稿日
2013年2月22日
読了日
2013年2月22日
本棚登録日
2013年2月22日
7
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇...』のレビューをもっとみる

『ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~ (メディアワークス文庫)』のレビューへのコメント

ゆまるさん (2013年3月5日)

素敵なコメントをありがとうございました! 活字の素晴らしさを知れる良い機会に巡り合えたと思います。本屋さんで眺められる本棚がまたひとつ増えて嬉しいです。chabu-daiさんの本棚もぜひとも参考にさせてくださいね!

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~ (メディアワークス文庫)』にchabu-daiさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

三上延の作品一覧

三上延の作品ランキング・新刊情報

ツイートする