黙示録 (単行本)

3.88
  • (19)
  • (35)
  • (16)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 221
レビュー : 34
著者 :
ちゃんぷるーさん 小説(長編)   読み終わった 

「テンペスト」よりさらに古い、1600年代後半から1700年代にかけての琉球舞踊の物語。被差別ニンブチャーとして生まれ、母がハンセン病になったことでその村を追われ、曲芸一座で糊口をしのいでいた了泉は踊りの才能を見いだされ、ライバル・雲胡と抜きつ抜かれつの出世をしてゆく。謝恩使として江戸に上る際の、薩摩・大阪・江戸の様子なども面白かった。前々から興味のあった久高島やイザイホーにまで話がつながって個人的にうれしい。同じように、と言っていいか分からないが、手で物語を表現するフラを踊る身として、もっと心を込めようと思わされた。「マブイ落とす」の文字を見て、再び「風車祭」が読みたくなった。

レビュー投稿日
2013年12月17日
読了日
2013年12月17日
本棚登録日
2013年12月11日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『黙示録 (単行本)』のレビューをもっとみる

『黙示録 (単行本)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『黙示録 (単行本)』にちゃんぷるーさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする