天の瞳 成長編II (角川文庫)

3.67
  • (36)
  • (24)
  • (80)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 314
レビュー : 11
著者 :
制作 : 坪谷 令子 
ちあさん 小説   未設定

P60?倫太郎たちの人間関係のつよさは稀有のものといえるのかもしれない。人々は誰も、そんな人間関係に憧憬を持つ。

その思いを持っても必ずしもそうならないのは、それを築いていく意志力と生活力のよわさが、克服されなくてはならない課題として多くの人々の中に横たわっているからで、倫太郎の仲間は、その試行錯誤の結果として人々のあこがれる果実を手にしたといえるだろう。

絆は与えられるものではなく、つくるものである。 ?
P224?「〜悪いことした者は、罰を受けたらいいというだけだったら、悪いことをした人は、ただ、さびしいだけで、自分のしたことを考えてみようともしないのじゃないないでしょうか。それから、罰を受ければいい、といった人は、その人が罰を受けて戻ってきても、同じ人間だから仲良くしようとは絶対にいわないでしょう。そうすると、やっぱり人を切り捨てるだけになると思います。」?
p274?せっかく人間に生まれてきたのだから、やりたいことをたくさんやってみたい。うまくいかなくたっていい。そのためにつらいことやかなしいことを味わったってかまわない。やりたいことをやっていることが、いちばんのよろこびなんだから。?

レビュー投稿日
2007年7月25日
本棚登録日
2007年7月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『天の瞳 成長編II (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『天の瞳 成長編II (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする