ドキュメント パナソニック人事抗争史 (講談社+α文庫)

3.50
  • (1)
  • (14)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 129
レビュー : 12
著者 :
まじょらむさん 社会派   読み終わった 

P社の内情を多少知っている側なので、まるでサスペンスを読むかのごとく非常に楽しく読ませてもらった。「出る杭は打たれる」とはよく言ったものでまさにそれだ。それが世界に名だたる企業で普遍的に行われていたのだ。よくまあ倒産しなかったものだな・・・とつくづく思う。いや、P社が危ないと言う噂は実際耳に届いていた。それはないやろ、と笑い飛ばしていたが、この本を読んでまるきりガセではないことを知った。今は8代目の社長に期待がかかる。ここで舵取りを間違うとシャープの二の舞になるぞ。なんとか持ちこたえて「世界のパナソニック」に返り咲いてほしい。国民が渇望する日本人の底力を見せてほしい。

レビュー投稿日
2016年5月16日
読了日
2016年5月16日
本棚登録日
2016年5月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ドキュメント パナソニック人事抗争史 (...』のレビューをもっとみる

『ドキュメント パナソニック人事抗争史 (講談社+α文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする