屍者の帝国 (河出文庫)

3.30
  • (5)
  • (15)
  • (22)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 182
レビュー : 18
ちぃさん  未設定  読み終わった 

映画はずいぶんわかりやすいように改変されていたんだなぁー、と驚いた。ハダリーの能力とか映画見てなかったら正直よく想像できなかっただったろうな(;´・ω・)結構難解なのですが死者が労働力となる世界>>都合のいい労働者を生み出すために霊魂を上書きしてしまう という技術の応用はいかにもありそうだ。「それは私がやり残したことじゃない。私の意識がやり残したことさ」というのが伊藤計劃のメッセージのようにも見え、また遺稿を引き継ぐというえらい仕事を任せられた円城さんが苦渋の果てに見出した答えのようにも思う。

レビュー投稿日
2017年1月14日
読了日
2017年1月14日
本棚登録日
2017年1月14日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『屍者の帝国 (河出文庫)』のレビューをもっとみる

『屍者の帝国 (河出文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする