小説の言葉尻をとらえてみた (光文社新書)

3.45
  • (2)
  • (22)
  • (21)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 226
レビュー : 29
著者 :
茄子さん 所持   読み終わった 

小説を、小説の中で使われる言葉について、辞書的に、過去の用例的に、方言的に、色々な方面から考えながら読んでみた本。

その視点は確かになかったなぁとふんふんと読んだ。


余談だけど、本を読む時に手近に辞書を置いておきたい派なんだけど、出先では流石に出来ない悩みを抱えていたのだが、さくさくと辞書アプリを引いている著者を見て、そんな手が……となった。

レビュー投稿日
2018年6月10日
読了日
2018年6月10日
本棚登録日
2018年6月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『小説の言葉尻をとらえてみた (光文社新書...』のレビューをもっとみる

『小説の言葉尻をとらえてみた (光文社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする