やがて哀しき外国語 (講談社文庫)

3.50
  • (127)
  • (254)
  • (529)
  • (31)
  • (4)
本棚登録 : 2437
レビュー : 174
著者 :
ちさん  未設定  読み終わった 

アメリカでの生活が書かれていた。平凡な日常だとしても村上春樹さんが文字におこすと、カラフルになる。どぎつい色ではなくてやさしい色。それは村上春樹さんのエッセイを読むといつも思うこと。
村上さんが小説を書くようになったきっかけが、今まで読んだどのエッセイよりも詳しく書かれていたと思う。

レビュー投稿日
2012年7月31日
読了日
2012年7月31日
本棚登録日
2012年7月31日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『やがて哀しき外国語 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする