「性格」のカラクリ: “イヤな他人”も“ダメな自分”も一瞬で変えられる

著者 :
  • 誠文堂新光社 (2019年2月4日発売)
4.14
  • (5)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 97
感想 : 8
4

苫米地博士のこれまでの書籍の内容が、簡単にまとめられています。
自分の性格のことで、ずっと悩んできました。「自分はこういう性格だから仕方がない」と開き直ったりしていました。
でも人の性格には多様性があり、簡単にこうだと決めつけられないと知れて、心が軽くなりました。
どんなことにも良い面と悪い面が共存しています。自分が嫌だと思う部分を変に直そうとはせず受け入れて、自分と付き合っていきたいです。
あとは、これまで周りの人たちから貼られたレッテルから脱却して、自由を手に入れたいと思えたことは大きな収穫です。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年7月16日
読了日 : 2021年7月16日
本棚登録日 : 2019年6月23日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする