欠陥住宅物語 (幻冬舎文庫 さ 4-5)

著者 :
  • 幻冬舎 (2005年2月1日発売)
3.03
  • (1)
  • (3)
  • (21)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 65
感想 : 9
2

 3部構成になっているが、1部は家を買おうと決めて探す過程、2部は作者が実家を出てから家を買おうと決意するまでの家遍歴(?)、そして3部がようやくマイホームを買ってからなので、タイトルの物語を期待するなら正直読むのは3部だけでいい。あとはとにかく作者の家遍歴というよりかは男遍歴。ポルノ作家だけあって、その部分がやたら強調されている。ついでに母親とのいざこざも含まれているのでものすごく重い。欠陥住宅の話が読みたくて買ったので、他はいらなかったなぁというのが本音。3部は真剣に読んだ。裁判の実情はひどいの一言。まだまだ”買った方が負け”は変わらないんだね・・・。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: エッセイ・手記
感想投稿日 : 2006年5月26日
読了日 : 2006年5月26日
本棚登録日 : 2006年5月26日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする