自分のことは話すな 仕事と人間関係を劇的によくする技術 (幻冬舎新書)

2.89
  • (2)
  • (20)
  • (25)
  • (14)
  • (9)
本棚登録 : 554
レビュー : 40
著者 :
ぽにょと小林聡美の中間さん 社会人。←今ここ   読み終わった 

ビジネスや私生活で、深く関わりあいたい、大事にしたい人と会話をするときにどんな風にコミュニケーションを取るのがよいかという内容。

間を持たせるための会話のテクニックとはまた別。(ちなみに本書における雑談は、「相手に求められていない、益のない浅い表面的な会話」。)

結局は、どれだけ相手の話を聞いて理解し、寄り添った受け答えができるかに尽きるんだろうなと思う。

人の話を聞くところまではできても、相手に不快感を与えずに踏み込んだことを聞く加減が難しいなと思う。自分自身があまり踏み込んだことを聞かれるのが苦手というのもあり、やはり遠慮がちになってしまう。

ただ、大事な人が何を考えているかは知りたいし、そういう意味でも踏み込んだコミュニケーションをとることで関係も深めていきたい。

レビュー投稿日
2020年1月3日
読了日
2020年1月3日
本棚登録日
2020年1月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『自分のことは話すな 仕事と人間関係を劇的...』のレビューをもっとみる

『自分のことは話すな 仕事と人間関係を劇的によくする技術 (幻冬舎新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする