図書館危機 図書館戦争シリーズ (3) (角川文庫)

4.35
  • (2468)
  • (1787)
  • (593)
  • (53)
  • (12)
本棚登録 : 15559
レビュー : 927
著者 :
制作 : 徒花 スクモ 
chiefdoraさん 有川浩   未設定

内乱からかなり間が開いてしまって郁の王子様が堂上だと発覚してどうする郁!?って所で止まってたので一気に話が進んで楽しかったですw
カモミールの別名がカミツレでその花言葉から徽章の由来が語られたり、それにかこつけて郁と堂上がデートしたり、相変わらずのベタ甘ストーリーが展開されたりとにまにましてしまいますが、司令の勇退というこうするしかなかった哀しい落とし所もありました。

映画ではどの部分が描かれるんでしょうねぇ。
個人的に、岡田・榮倉奈々・栗山千明はベストキャスティングだと思います!

レビュー投稿日
2013年4月12日
本棚登録日
2013年4月12日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『図書館危機 図書館戦争シリーズ (3) ...』のレビューをもっとみる

『図書館危機 図書館戦争シリーズ (3) (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする