廃墟に乞う (文春文庫)

3.24
  • (25)
  • (153)
  • (259)
  • (63)
  • (10)
本棚登録 : 1221
レビュー : 196
著者 :
chiha-rainbowさん    読み終わった 

犯人がどういう境遇で生きてきたのか。
なぜその境地に至ったのか。

廃墟に「乞う」
=教えてもらう、という意味なのですね。

実際の目で見た主人公もしかりだけれど
私たち読者も、廃墟というキーワードから
精気を亡くした街とそこに住む人々の苦しみが想像できる。

短編の警官ものだったが、
確かにこの表題の物語が一番印象深かった。
2009年直木賞受賞作品。

レビュー投稿日
2013年3月30日
読了日
2010年6月10日
本棚登録日
2010年6月10日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『廃墟に乞う (文春文庫)』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする