日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありません

3.87
  • (78)
  • (168)
  • (81)
  • (13)
  • (5)
本棚登録 : 1243
レビュー : 161
著者 :
ちひろさん コンサルティングのお仕事   読み終わった 

読了。大学時代にはむずかしく思えた経済学の諸問題をきわめて平易に説明している本だと思う。最近の世界で起きていた事象をきちんと経済学で説明している。それ以上に巷で出回っている言論が経済学を無視して都合よく解釈されて話されていることにも愕然とする。
大学、もしくは高校くらいで教科書にしてもよいかも。何にせよオススメの一冊。
最終章が秀逸。そしてその中でも印象に残ったのは『経済が発展して、たくさんお金持ちがいる国の方が、弱者を守る社会福祉が充実することはいうまでもないでしょう。(180ページ)』という箇所。政治家、官僚はこれを肝に命じてほしい。

レビュー投稿日
2011年12月10日
読了日
2011年12月10日
本棚登録日
2011年10月23日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本人がグローバル資本主義を生き抜くため...』のレビューをもっとみる

『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありません』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする