ツバメの谷(下) (岩波少年文庫 ランサム・サーガ)

4.50
  • (9)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 8
制作 : 神宮 輝夫 
flying midshipmanさん 現代   読み終わった 

子どもの頃、子どもだけで生活するという設定のドラマやアニメにはまり、そういう生活ができたら、と夢想した日々を思い出しました。でも絶対実現不可能なこともわかっていて…。
ところが本作と前作には、ぎりぎり、こういう生活ならできるんじゃないか、と思わされます。もちろん、それにはキャンプの技能をはじめとする最低限のサバイバル技術が身に付いていないといけないし、当然、周囲にはそうした子どもの技能の見極めができ、かつ見守ることのできる大人が複数いることが条件なのだけれど(もう一つは霧に巻かれても即、死につながらない自然環境も必要かな。日本の山で霧に巻かれたら、沢に落ちるとか低体温症になるとか、悪くすると文字通りクマに襲われるとかの危険がいっぱい)。
下巻、さまざまな陸上の冒険がおきるけれど、やはり圧巻は新生ツバメ号とアマゾン号のレース。浅瀬を突っ切るジョンの操船技術は親父仕込みですね。

レビュー投稿日
2013年8月6日
読了日
-
本棚登録日
2013年8月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ツバメの谷(下) (岩波少年文庫 ランサ...』のレビューをもっとみる

『ツバメの谷(下) (岩波少年文庫 ランサム・サーガ)』にflying midshipmanさんがつけたタグ

ツイートする