彼女について

3.53
  • (87)
  • (172)
  • (231)
  • (40)
  • (9)
本棚登録 : 1144
レビュー : 242
chieさん  未設定  読み終わった 

だいすきなばななさん。

ばななさんの書く男性は、どうしてこんなに素敵な人ばかりなのか。昇一も例外ではなく、やっぱり素敵。由美子のことを、「由美ちゃん」と呼ぶところが好き。

突拍子もない話のようにみえて、でも生きる上で大切なことを教えてくれる。
私は、生きる上での土台を、両親や祖父母、妹弟たちによって、しっかり作られてきたと、結婚した今、強く感じています。だから、複雑な家庭で育った子どもたちへの手助けができたら、と思ってしまうのかな。

さみしい話でもあるのに、なぜだか、最後はさみしい気持ちにならなかった。これこそ、まるでピクニックに出かけるような、身軽な感じ。昇一が目が覚めたとき、少しでも明るい気持ちで現実を生きていけますように。

レビュー投稿日
2012年6月26日
読了日
2012年6月25日
本棚登録日
2012年6月23日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『彼女について』のレビューをもっとみる

『彼女について』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする