薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木 (集英社文庫)

3.34
  • (240)
  • (440)
  • (1363)
  • (115)
  • (26)
本棚登録 : 4989
レビュー : 420
著者 :
chikamonさん  未設定  読み終わった 

2回目の読了。
いろんな登場人物がいるけど、衿と土屋の関係が一番好きだった。衿の価値観から生まれるセリフが刺さる。

「ちゃんと話をきいている、ということを示すのは、端的で清潔な愛情表現だ」

「大好きなものが多いわけではなく、大好きなものだけを言葉にするように気をつけているのに」

江國さんの小説、読んだ後穏やかな気持ちになれるからすごく救われる。退屈な日も、未来の不安に潰されそうな日も、江國さんの本を読むとなんとなくどうにかなる逃してくるから不思議。
「大好き」を表現することや、1人の時間を肯定して愛すること、感情に飲まれすぎず冷静に人生を見つめること、勉強になりますねぇ。

レビュー投稿日
2019年6月6日
読了日
2019年6月6日
本棚登録日
2019年6月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木 (集英社文...』のレビューをもっとみる

『薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする