鬱の力 (幻冬舎新書)

3.19
  • (7)
  • (34)
  • (85)
  • (16)
  • (2)
本棚登録 : 360
レビュー : 48
ちくしょーさん 教養   読み終わった 

対談本なので軽く読めた。でも重要なキーワードはかなりちりばめられていたと感じる。
病気としての「鬱」と人間として当然の、むしろ必要不可欠な「鬱」についてどう捉え、認めていくか、が大筋の流れだった。
そして現代社会に多くあるジレンマも指摘しており、読後に唸ってしまった。
どちらも博識で特に五木氏は仏教も詳しいので新たな知己を得られて満足感は高い。

レビュー投稿日
2011年9月18日
読了日
2011年9月18日
本棚登録日
2011年9月18日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『鬱の力 (幻冬舎新書)』のレビューをもっとみる

『鬱の力 (幻冬舎新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする