ドグラ・マグラ(下) (角川文庫)

3.71
  • (623)
  • (500)
  • (1001)
  • (100)
  • (26)
本棚登録 : 6755
レビュー : 468
著者 :
Saoliさん ♯小説   読み終わった 

上下通して言えることは、とにかく読みにくくて何度も同じ行を行ったり来たり。
上巻を読み終えたらすぐに下巻に入らないとだれる。
そして下巻の前半はひたすらに少年の夢中遊行についての考察になり、さらにだれる。笑

が、下巻の呉青秀の話からは物語のつながりを感じられて、読み入ることができた。
呉家にまつわる謎の絵巻物ができた経緯、そしてその物語の中にある謎の呪い。
それによって起こった博士同士の確執。
単純におもしろいと思ってしまった私は、頭がおかしいのかもしれない。
後から知ったのだけど、あの絵巻物に書かれていた死体が腐乱していく過程の絵たち、九相図ってやつみたい。
海外にはあまりない概念のようで、やはり日本独特の雰囲気のあるものってすごく魅了させられるなーと思った。

しかしこれ、もう一度読み返さないとわけが分かりませんな。

レビュー投稿日
2015年8月20日
読了日
2015年8月17日
本棚登録日
2015年8月17日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ドグラ・マグラ(下) (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『ドグラ・マグラ(下) (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする