悪党芭蕉

3.26
  • (2)
  • (4)
  • (16)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 52
レビュー : 9
著者 :
chiro128さん  未設定  未設定

タイトルで購入決意。嵐山光三郎著。装幀もいい感じ。南伸坊。
嵐山光三郎に書けるのか、というのが疑問だったけれど、やがて彼でないと書けないことが判って来る。芭蕉専門家、俳句専門家の間ではタブーになっている話題ばかりだからだ。
冒頭に芥川龍之介の「芭蕉は大山師だ」という発言について書いているが、これは実際に芥川の文章を読んだ時に実に痛快だな、と思った文章だ。この言葉に勇気をもらいつつ、嵐山は進む。
古池の句でも、蛙が飛び込んでも水音などはしない、と苦言を呈する。なのにそこに幻の音を作ってしまったのが芭蕉の力なのだ、と従来の説を簡単に覆す。蛙が飛び込んでも音はしない。それは確かだ。私もそんな音聞いたことがない。
痛快に芭蕉像を崩して行くが、それと芭蕉の句を崩すことは違う。著者のイメージとは思いっきり離れているが、そこは丁寧に作品と人物を切り分けて書いている。面白かった。

レビュー投稿日
2007年1月24日
本棚登録日
2007年1月24日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『悪党芭蕉』のレビューをもっとみる

『悪党芭蕉』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする