半藤一利と宮崎駿の 腰ぬけ愛国談義 (文春ジブリ文庫)

3.79
  • (33)
  • (63)
  • (42)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 526
レビュー : 54
がちこ。さん 趣味   読み終わった 

普段読まない類の本でしたが、「風立ちぬ」をみたのもあって、映画のシーンを思い出しながら楽しめました。また、この本を読んで、半藤さんの本、夏目漱石の本にも興味が湧き、読書の幅が広がる良いきっかけをいただきました。

実際、話が飛び飛びでいろんな話が繰り広げられるので、知識の乏しいわたしには辛かったですが、対談という形だったので、読み進めるのに苦痛はありませんでした。
おふたりのように、物事を深く捉え考えられる人になりたいです。

もう1度、「風立ちぬ」見たくなりました。

レビュー投稿日
2017年2月1日
読了日
2017年2月1日
本棚登録日
2017年2月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『半藤一利と宮崎駿の 腰ぬけ愛国談義 (文...』のレビューをもっとみる

『半藤一利と宮崎駿の 腰ぬけ愛国談義 (文春ジブリ文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする