文庫版 塗仏の宴 宴の支度 (講談社文庫)

3.59
  • (323)
  • (543)
  • (1068)
  • (36)
  • (0)
本棚登録 : 4239
レビュー : 292
著者 :
chiyoさん  か行   読み終わった 

★4.0
再読。タイトルの通り、宴のための支度を着々と進める、全6話からなる短編集。関口、朱美、敦子、木場、織作茜、それぞれが記録と記憶、自分自身に翻弄される。中でも、短編の間に綴られる、元から鬱病を抱える関口の現状が痛々しい。そして、彼女の死があまりにも勿体無い!正直なところ、「こんなにも簡単に後催眠にかかるものなのか」と思ったりもするけれど、自身が取った行動の理由が分からず、何かが欠けているという感覚は、恐怖以外の何物でもない。いつものメンバーと彼らが関わった人たちがどうなるのか、宴の始末を見届ける。

レビュー投稿日
2017年2月19日
読了日
2017年2月19日
本棚登録日
2017年2月19日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『文庫版 塗仏の宴 宴の支度 (講談社文庫...』のレビューをもっとみる

『文庫版 塗仏の宴 宴の支度 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『文庫版 塗仏の宴 宴の支度 (講談社文庫)』にchiyoさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする