寝ずの番 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.47
  • (11)
  • (15)
  • (35)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 183
感想 : 33
3

内容紹介
中島らもの人情喜劇の傑作が映画化
上方落語界の重鎮、笑満亭橋鶴??今まさに臨終のとき。「師匠、何か心残りは?」と、弟子が聞くと橋鶴の口がもごもごと動いた。「そ、そそが見たい・・・」。果たして、そそ、とはなんのことか?
内容(「BOOK」データベースより)
上方落語界の重鎮、笑満亭橋鶴が、いままさに臨終のとき―。「師匠、何か心残りは?これはやっておきたかったということは?」と、弟子が聞くと橋鶴の口がもごもごと動いた。「そ、そ○が見たい」!!弟子たちはみな、呆気にとられ、その後、大騒動に。果たして「そ○」とは、いったい何のことなのか―?マキノ雅彦第一回監督作品原作ともなった、粋で泣かせる中島らもの傑作三部作。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2013年7月28日
本棚登録日 : 2008年8月25日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする