グローバリゼーション、社会変動と大学 (シリーズ 大学 第1巻)

3.86
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 5
制作 : 吉田 文  広田 照幸  小林 傳司  上山 隆大  濱中 淳子  白川 優治 
すずめさん おしごとのため。   読み終わった 

職場の上司に「大学図書館で働く上で、大学を取り巻く状況を知っておくことも大切」という言葉とともに手渡された本書。

グローバリゼーションの進展する現代社会の中で、これからの大学のあるべき姿をさまざまな側面から考察しています。
今後の社会で求められる人材や、英語教育の在り方、大学の活動が空洞化するリスクなどなど、大学が直面する現状と課題について学ぶことができました。

特に刺激的だったのは「第6章 デジタル・メディアによる大学の変容または死滅」。
著者の土屋俊氏は、米国のMOOC(大規模オープン・オンライン・コース)など、インターネットを通じて無料で提供される高等教育に注目しています。
こうした無料かつ高品質な教育形態が持続可能なものであるならば、これまでの教室授業中心スタイルの大学は終焉をむかえるであろうという考察に衝撃を受けました。

近未来の大学のあるべき姿はどのようなものか、その中で図書館の果たす役割とは…。
中長期のビジョンを意識しながら、日々の業務に取り組みたいと思います。

レビュー投稿日
2013年5月19日
読了日
2013年5月18日
本棚登録日
2013年5月19日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『グローバリゼーション、社会変動と大学 (...』のレビューをもっとみる

『グローバリゼーション、社会変動と大学 (シリーズ 大学 第1巻)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする