旅のラゴス (新潮文庫)

3.84
  • (767)
  • (982)
  • (794)
  • (154)
  • (35)
本棚登録 : 7815
レビュー : 928
著者 :
すずめさん 読みました。   読み終わった 

高度な文明を失った代わりに、人々が特殊な能力を獲得した世界。
この世界を旅するラゴスという名の男が本書の主人公です。
ある時は奴隷として鉱山で働き、またある時はその知恵を称えられて王と呼ばれ。
旅先で出会う人々や出来事を綴った短編が積み重ねられ、だんだんとラゴスの目的やこの世界の背景が見えてきます。

ラゴスとの交流がもたらした刺激や知識により、人々の考え方や技術が向上していく様子を読みながら、どこかで不安を感じている自分がいました。
今は電気もない世界ですが、やがて産業が発達し、科学技術が世の中を変えていくだろう。
政治や社会の在り方もより洗練されていくだろう。
しかし、その先に待つのは、再びの滅亡なのではないか。
そんな予感にうっすらとした寒さを感じた読後でした。

初めて読んだ筒井康隆作品にあまり馴染めず、それ以降読んでこなかったのですが、本書はとても好みでした。
あとがきによると、筒井作品の中では異色作のようですが、これを機にほかの筒井作品にもチャレンジしてみたいと思います。

レビュー投稿日
2018年11月6日
読了日
2018年10月17日
本棚登録日
2018年11月6日
11
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『旅のラゴス (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『旅のラゴス (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする