悟浄出立

3.31
  • (54)
  • (209)
  • (311)
  • (73)
  • (18)
本棚登録 : 1520
レビュー : 280
著者 :
すずめさん 読みました。   読み終わった 

中国の古典の脇役たちにスポットライトを当てた短篇集。5篇の短篇は、いずれもこれまでの万城目作品のイメージとは一味ちがった作品でした。
ユーモアやファンタジーの要素が削られ、その分静かで緊張感のあるストーリーになっています。

原典では脇役である者たちが周囲の人々との関わりの中で"自分"を見出していく姿に、奮い立つような気持ちになりました。
特に項羽の寵姫・虞美人の目から四面楚歌の場面を描いた「虞姫寂静」は涙をこらえつつ一息に読了。
彼女を突き動かした女の意地に、魅せられました。

レビュー投稿日
2015年5月9日
読了日
2015年4月29日
本棚登録日
2015年5月9日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『悟浄出立』のレビューをもっとみる

『悟浄出立』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする