とりつくしま (単行本)

3.50
  • (46)
  • (76)
  • (139)
  • (19)
  • (4)
本棚登録 : 493
レビュー : 139
著者 :
すずめさん 読みました。   読み終わった 

この世に心残りがある死者の前に現れる"とりつくしま係"。
この"とりつくしま係"と契約すると、この世にあるモノを1つ選んでとりつくことができるのです。
本書は死後に何かのモノにとりついた10人の物語を収めた短編集です。

歌人としても活躍されている東さんの小説は初めて読みました。
1つ1つは短いのに、1編読み終えるごとに2時間ドラマを1本観たかのような、鮮やかな印象を残します。
遺された人々を見守る視点で進む物語は、温かい中に絶妙な淋しさや切なさが効いてくる読後感。
個人的には「白檀」「名前」「マッサージ」「レンズ」が好みでした。

もし自分だったら何にとりつくだろう…。
遺した家族をずっと見守っていたいような、新たな生活を送っている姿を見届けられたら去りたいような…。

レビュー投稿日
2019年4月16日
読了日
2019年3月31日
本棚登録日
2019年4月16日
8
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『とりつくしま (単行本)』のレビューをもっとみる

『とりつくしま (単行本)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする