(017)異 (百年文庫)

3.67
  • (9)
  • (16)
  • (21)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 144
レビュー : 37
すずめさん 百年文庫。   読み終わった 

乱歩しかり、ポーしかり、一人称の告白はなんとぞくぞくするのだろう。
聞いてはいけないことを聞いてしまったような後ろめたさが、余計に怖さを煽ります。

夫しかいないはずの土蔵から聞こえる愛の睦言、ベッドの下の暗がりに光る2つの目、姿かたちがそっくりで名前も同じ謎の男···。
なにか怖いことが待ち受けていることは百も承知なのだけど、結末を見届けずにはいられない。
「異」の文字にふさわしい3編に、ひやりとした涼をわけていただきました。

なお、ポーの『ウィリアム·ウィルスン』は江戸川乱歩の訳。
少し古めかしさのある分、ムードたっぷりの語り口が臨場感を高めてくれます。

-------------------------------
◆収録作品◆
江戸川 乱歩 『人でなしの恋』
ビアス 『人間と蛇』
ポー 『ウィリアム·ウィルスン』
-------------------------------

レビュー投稿日
2017年8月8日
読了日
2017年7月23日
本棚登録日
2017年8月8日
7
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『(017)異 (百年文庫)』のレビューをもっとみる

『(017)異 (百年文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする