詩的私的ジャック (講談社文庫)

3.39
  • (270)
  • (711)
  • (1715)
  • (110)
  • (14)
本棚登録 : 6557
レビュー : 542
著者 :
chocoazaさん  未設定  読み終わった 

2014.2.3処分

2つの大学内で起こるいくつかの密室殺人。被害者は下着姿で、腹部にナイフでサインを付けられていた。
ほとんどが証拠の残る物理的トリックで、どちらかというとWhy(なぜ密室にしたのか)に焦点が当てられている。
ただ、動機は作中でも言われているように、理解し難いものだった。
ミステリとしての驚きよりも、萌絵が犀川先生にプロポーズしたりするキャラの言動の方が印象に残った作品。
それにしても森博嗣さんのカタカナ言葉の表記が独特過ぎる。
カレーをカレィって書くのは。。

レビュー投稿日
2014年1月30日
読了日
2014年1月30日
本棚登録日
2014年1月30日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『詩的私的ジャック (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『詩的私的ジャック (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする