ナナマル サンバツ(20) (角川コミックス・エース)

著者 :
  • KADOKAWA (2020年11月4日発売)
4.50
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 75
感想 : 5

完結編。最後は、文蔵が決勝に進んでという展開と思いきや。御厨と識の一対一の対決二連戦は熱い見せ場だった。その後も、去る笹島。大会の放映のおかげで押し寄せる新部員たち。しかし定着はなかなか難しかったところに、超絶人見知りのクイズオタクとしっかりした生徒会副会長が加わることとなり。識もそれまでの真面目なクイズっぷりとは真逆の、マイクを持つとお喋りの止まらない司会ぶりてクイズイベントを引っ張り。クイズを解いた時、みんなと繋がってる感を再認識。そして時は流れ、次の大会で、笹島率いるチームと、識が率いるチームもあわせて、対戦するところで幕。この先もつづく、クイズへの熱い思いが描かれながら。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2020年11月8日
読了日 : 2020年11月8日
本棚登録日 : 2020年10月3日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする