ふしぎの国のバード 7巻 (ハルタコミックス)

3.96
  • (7)
  • (10)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 168
レビュー : 10
著者 :
chokusunaさん  未設定  読み終わった 

雄物川での、17人目の夫との夫婦喧嘩に立ち会う一幕。秋田での警察を挙げての歓迎、フランス料理でのおもてなし。伊藤の、公使への苦境の報告が、実って、事態はバードをサポートする方向で動き出す。伊藤の元雇用主マリーズとの対決が予想される函館まではあと少し。小林医師のサポートもあり、あん摩を身につけて、少しでもバードの病状改善につとめる伊藤。もはや腹をくくり、バードの旅程を全力でささえる決心を。そして、伊藤が旅先で知り合った人に書いた礼状や近況報告の返信に、いたく感激したバードは自らもすべてに返信することを宣言。当時の文化、風俗を織り込みつつ描かれる本州の旅もあと少し。大きなターニングポイントとなる巻だったように思える。

レビュー投稿日
2020年8月13日
読了日
2020年8月13日
本棚登録日
2020年8月9日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ふしぎの国のバード 7巻 (ハルタコミッ...』のレビューをもっとみる

『ふしぎの国のバード 7巻 (ハルタコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ふしぎの国のバード 7巻 (ハルタコミックス)』にchokusunaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする