アレンとドラン(6) (KC KISS)

著者 :
  • 講談社 (2021年12月13日発売)
3.73
  • (1)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 86
感想 : 3

花束みたいな恋をしそこねた思い出にひたってたタイラー先生の回想から、エドガーさんを避けていたリンダさん、タイラー先生に相談をもちかけ、三島君がキープでもなくフェイクなことをあかしてしまい。就職活動は、就職セクハラなおやじにおそわれそうになったところを、ベランダのしきりをぶちやぶってエドガーさんが助けにきてくれたことで、事なきを得て。最後は、末永く友達でいてくださいのエドガーさんに、彼女にしてくれなきゃ末永くいてあげませんとかえしての…と。このまま恋の暴走機関車、暴走しつづけるのか。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年12月23日
読了日 : 2021年12月23日
本棚登録日 : 2021年12月23日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする