香具師の旅 (河出文庫)

3.31
  • (4)
  • (3)
  • (17)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 76
レビュー : 8
著者 :
chokusunaさん 本・雑誌   読み終わった 

blog「手の中で膨らむ」つながりで。「浪曲師朝日丸の話」「ミミの話」まで読了。どうも個人的にはこの空気感があわないというか。戦中戦後の混沌とした雰囲気と、主人公の気弱なようでいて芯のところでどっこいずぶとく生き延びていくかんじがあわさって。「恩着せがましくないということは、じつはこの世のなかではいけないことなんだろう。」p.21/しかし、意志が弱いのを、意志の力で直そうというのは、論理的にも実際にもむりなはしでp.57/どちらも、世間一般的にはないがしろにされがちな人をとりあげて、主人公とのかかわりが描かれるのだけど。

レビュー投稿日
2014年12月11日
読了日
2015年2月14日
本棚登録日
2014年12月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『香具師の旅 (河出文庫)』のレビューをもっとみる

『香具師の旅 (河出文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする