読書状況 読みたい
読書状況 読みたい

冴え渡るレトリック、だそうな

読書状況 読みたい
読書状況 読みたい
読書状況 読みたい
読書状況 読みたい
読書状況 読みたい
読書状況 読みたい

アフタヌーンで「ワンダンス」連載中の珈琲さんの作品。真摯にボルダリングに取り組む小寺さんに、なんだかまわりの人も感化されて、自分のやりたいこと見つけたり、今やってることに真剣になったり。大きな事件が起きるわけでも、ボルダリングの技術的な話や大会に向けて…みたいなのがあるわけではなく、淡々としてるけど、そこがまた良い感じ。

2020年7月6日

読書状況 読み終わった [2020年7月6日]
タグ
読書状況 読みたい
読書状況 いま読んでる
タグ
読書状況 いま読んでる
タグ

滝川三九郎、黒田如水の章のみ読了。滝川三九郎は戦国の快男児。師と仰ぐ柳生宗章と敵味方として対峙した時、武士の一生はつかのま、その束の間を懸命に生きよ、と言われ斬り付けられるが、とどめまでは刺されず。一度死んだ気になら、以降は様々なことにこだわりがなくなり風のように生きる。乞われて幕臣となり、大坂夏の陣では真田幸村の前に崩れ立つ家康の旗本の中で最後までふんばり。陣の前に、幸村と会ったことを咎めるものがいたときも、肉親で分かれて戦ってるものはたくさんいる、肉親の情さえ失えば獣と一緒、ととりあわなかった家康に好感を持つシーン。陣の後に、俠心から真田幸村の娘二人を養女とした件など。その後の道行きもまたすがすがしく。黒田如水のほうは、関ヶ原時に、天下に割り込もうという野心があったという見方にたつ物語。

2020年7月6日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年7月6日]
タグ
読書状況 読みたい
読書状況 読みたい
読書状況 読みたい
読書状況 読みたい

芸術の森での、蜷川実花展に触発されて。豪奢な椎名林檎。六十年代から抜け出てきたみたいな梨花。こんな華麗な眼帯は見たことない、モノクロのりょう。夢の世界のトミー・フェブラリー…あたりのポートレートが気になりました。

2020年7月2日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年7月2日]
タグ

芸術の森での、蜷川実花展に触発されて。りんごに口付けて白雪姫みたいな水原希子、貴婦人のような玉城ティナ、極彩色の鳥とシンプルな真木ようこ…あたりのポートレートが印象に。

2020年7月2日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年7月2日]
タグ
読書状況 読みたい
読書状況 読みたい
ツイートする