兄弟子妹弟子対決も決着。なゆたの勝負所での牛カツプラス海鮮御前、そして、ワインを飲ませて育てた豚のソテー、気になります!鬼と言われた兄弟子の納豆推しも。

2020年5月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年5月30日]

ハッピーエンドで終わったと思いきやの、蛇足。著者自らが蛇足という蛇足。エビフライエフェクトはおかしかった。よく思いつくなあと。

2020年5月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年5月16日]

村上春樹「村上さんのところ」が入り口だったのだけど、これほど幅広く仕事されていたとは。悟りきったような風貌なのに反抗心の塊で時に毒を吐く、とは思えず。「スコットくん」「ウール100%」シリーズは読んでみたいなあと思った。

2020年5月6日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年5月6日]

豚やヒヨコ、おおかみ、カエルなどが繰り広げるファンタジー。ちょっとファンタジーすぎてついていけないところもあり。大里俊晴「マイナー音楽のために」で鈴木志穂作品をお見かけして手に取った一冊。

2020年5月6日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年5月6日]

小川未明「光の輪」のはかなさが心に残る。

2020年5月5日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年5月5日]

シャミセンガイ、ルッツ(ゆむし)、クジャク、ヌートリア、マツボックリと今回も多士済々。かろうじてマツボックリは心惹かれるかなあ。

2020年5月5日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年5月5日]

父にチベットの僧院に置き去りにされたダワ。ドルジェやガワン先輩ら学友とともに過ごす青春の日々。チベットでの生活、チベット文化、化身ラマたるトゥルクの少年との交流などの描写が興味深く。チベットに迫る人民解放軍の足音をバックに、次巻は…と。

2020年4月29日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年4月29日]

表紙の、読まなくてはいけない本なんて一冊もないのよ、のパワーワードぶり。そう、それでも読みたいから読んでるんだけどね。神林さんの、本屋に行く前に本屋によるぜいたく。「三体」の魅力を熱く語り。ダレン・シャンとハリー・ポッター、どっちを読んだかで熱く語り。ミシェル・ウェルベック「ある島の可能性」、藤田祥平「手を伸ばせ、そしてコマンドを入力しろ」、めちゃくぶっとんだ設定という清涼院流水「コズミック」あたりは気になった。

2020年5月5日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年5月5日]

お互いの敬語をやめるだけで一悶着の信子とひろき。そして未遂に終わったキスをめぐってモヤモヤし続ける2人。学園祭をふたりでめぐり、自分の知らないひろきの世界を目の当たりにする信子。それでも一緒にいたいのは信子だと告げ、気がつくと二人きりになり…と。ああこの巻も初々しく。

2020年4月25日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年4月25日]

いくらまいてもついてくる野良ケルベロスを飼うことにした地獄のえんま大王。犬にも鬼にも亡者にも厳しいが、かまわずケルベロスは自由奔放で愛らしく。えんまさんも結局優しくて甲斐甲斐しく世話してる。三つの頭にそれぞれ目薬ささなきゃならないのに大暴れされて…のシーンが好き。そして、逃げられた奥さんと娘との距離の取り方も。

2020年4月29日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年4月29日]

オン・ハーンを倒し、高原統一、チンギス・ハーンとなったところまでで完結。途中、テムジンはイェスゲイの威をかる偽物と噂を流され、戦で勝つことで力ずくでハーンと認めさせ、金軍を率いる金売吉次はジャムカに倒され。その死の前の問答は、読む側も思っていたこと。おそらく源義経を支えていた吉次なら息子が身代わりに差し出されても誇りこそすれ恨みはしなかったろうと。そこがこの作品の大きな違和感だったから。読み切りのエル・カミーノ。現代の女子が五千年ぶりに孫悟空を救い、一緒にスペイン巡礼するお話。設定聞いただけで面白そうと思ってしまう。

2020年5月6日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年5月6日]

代打彼氏で母を騙す作戦も、母の普通の人ぶりを知ってかなぐり捨てて、ほんとの自分ほんとの自分の部屋を見せて、すこしはわかりあえたと思うも気がつけば実家に絡め取られ。そこで母の夢の挫折と家でも外でも雑に扱われる様を目の当たりにし、憐憫とあらためての愛情を感じてしまった凪。そんな凪を迎えに行こうとゴンさんが向かうも…辿り着けず。慎二はスカイプでつながるもお互いの今立つ時点に飽きたらぬものをぶつけあい、その先には…と。凪にとって、今まで厳しく完璧だと思ってた母が普通の人間だと知り、実家に戻れば思った以上に小ささの見える存在になった時、いままでの私をしばっていたものはなんだったのかという葛藤、母がいっそ純度100%の悪だったよかったのに…というボヤキ。この逡巡はいったいどこへ向かって…。

2020年4月19日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年4月19日]

先輩との気まずさがちょっとは解けた帰省と護衛。そして、Kとのつながりを疑われ部屋を急襲され負傷、警察の保護、自分を誘う刑事の同僚の恋心を見抜き。そんなところに第二波の襲撃。今度こそ討ち果たしたと思いきや…。続きは非常にサスペンスに。

2020年4月11日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年4月11日]

今回の主人公は、挿絵画家岩田専太郎といったところか。川口松太郎に、またお前と仕事がしたいと呼び出され。しかし以前のようにはかけず、あげくに癲狂院に強制入院させられたり。兄を慕う妹との関係は複雑で、彼女に絵を描くための道具なのかと反発を受けたり、それでも…。浅草が関東大震災で跡形もなくなったあとも、その光景が度々うかび。ついには、おれは書いて書いて書くしかないと覚悟を決め。プラトン社も小山内薫は演劇、直木三十五は映画へと、川口松太郎が編集長となるが急転直下の解散。顛末はあとがきに。小山内薫が立ち上げた築地小劇場で、二年間は翻訳物しかやらない、としたことを、菊池寛らが乗り込んで、本邦のものをやらぬとはどういうことだと詰問すると、ここにグラスがある、あんたらのはグラスのことを書いてるだけ、おれらはこのグラスが割れて粉々になった後もおれらの心にグラスがある、そのことを書くというようなことを言ったシーンが印象に。その後の岸田國士の混ぜっ返しも含めて。川口松太郎「飯と汁」も読んでみたい。

2020年4月11日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年4月11日]

今回の出色は、タクシーが捕まらないときに、「南へてボードでヒッチハイクして、おもしれえな、どこでもいいから乗っけてくぜ、て車を捕まえたピノさん。みんなの感想「もはや特殊能力」!。初登場のジャックさんのCOO妻もいい味出してるなあ、と。

2020年4月5日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年4月5日]

ナンパしてお茶して話しておいて逃げ出すおじさん。人体図鑑をみてふむふむと思うカップルの女の子のほう。老人たちの野外マンガ喫茶の優雅さ。隣室の空き部屋の合鍵を見つけたことからしのびこんでの真夜中のティールーム。などなど。日常にひそむちょっとした出来事からみちびかれるストーリー。ナンパ師の男性とナンパされた女性、便利屋さん、カップルは二度登場。それぞれの話がすこしずつつながり。

2020年3月29日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年3月29日]

つちのこを見つけた主人公が、最初は懸賞金目当てだったのに猛勉強してつちのこ学者となるも…この論文を発表したらこのつちのことは…と思い、からのハートフルな結末に。そして、筑波山を題材にしたSF的な展開、まさかガマの油がそんなことに…そして巨大キップへの愛惜。なんでも買い取るリサイクルショップを題材に、時間が物に価値を与えるケースについて考え。郵便配達の新人バイトの見た地下に広がる街の謎。おにぎりの転がる街で、現代におけるつづらの形と、おにぎりを待つネズミの感じる世知辛さ、新たに人間の落としがちなものへの考察、ちょっとハッピーな結末。一見不可思議な設定から、なにやら考えさせてくれる道筋があったり。

2020年3月28日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年3月28日]

尾形を追うロシア人との銃撃戦。ついてきてくれたアイヌの子供のカラフトに残る決意。ソフィアのストリートファイト。鶴見の正体に気づいてなお憧憬を捨てられない鯉登。アイヌの文化を残したいと切実に思うようになったアシリパ。シネマトグラフはその福音となるか否か。そして、残された映像で亡き父母を見たアシリパ。アシリパを金塊争奪ゲームからおろし、鶴見に引き渡すのが最善と考えた杉元だが、引き渡しの場で、杉元とアシリパは…。新たな章の幕開けを感じさせるラストだった。

2020年3月28日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年3月28日]

タピオカに、子供食堂、サツマイモに、正月の餅つき大会…と、どんどんどんどん地域に愛される喫茶店になっていっていて微笑ましく。地下室の掃除ではシティーハンターの名シーンを思わせるものがいくつも発掘され。ペイント弾のべったりくっついた服。カーネルサンダースのおじさんの銅像の扮装。いつのまにか香の予備のハンマー。などなど。技術はあるのに身体が大きすぎて日本の寿司屋でやとってもらえなかったアメリカ人の寿司職人を、そっと広いカウンターで子どもたちにすしを握ってもらう一幕もあったり。そして、女子大生バイトだけは絶対雇わない…香のハンマーで店壊されたくない、という呟きに、わかってるなあと。

2020年3月28日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年3月28日]

すーちゃんの青森一時帰省。京都で待つ身は、おかみさんも舞妓さんたちもいかに百花に頼り切っていたかを身に染みて思い、キヨは、身体が勝手に百花の分まで用意する始末。青森では健太にあって、変わらぬ姿にホッとする思い。なにか特別なことがあったわけではないのに、最初はぎこちないと思った空気が穏やかなものに。そして、京都に帰ってきてすみれから百花に戻っていっそうパワーアップ、と。誰かを待つ身で、帰ってくる人のためになにかをすることの尊さが繰り返し描かれつつ。

2020年3月14日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年3月14日]

ジャムカとの決戦に勝利し、モンゴルのハーン へ。そこへ、オン・ハーン の息子を焚きつけ、オン・ハーン とテムジンを争わせようと画策する金売吉次。オン・ハーン はテムジンを攻めるよう命じるが…と。吉次の九郎を狙う理由がそれだけ…というのが疑問。一族郎党あげて入れ込んでいた印象だから。

2020年3月1日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年3月1日]

ワカオ酒と裏表になっているシーンがあって、ちょっと楽しかった。年末年始空いてない店多い中やってて、酒飲みはこれでいいんだよお、と汁物を出してくれたお店。暑い日に屋台仕様だよとクーラーなしの立ち飲み屋さん。ひとり酒てなにするの?と問われ、お酒飲むんですよ、お酒の銘柄読んでるだけでも時間は過ぎておつまみも来るんですよとひとりごちたり。

2020年3月1日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年3月1日]

大衆酒場の大将ワカオさんのモノローグがメイン。よくやってくれて料理にも興味あるバイトに料理を教えたり、忙しい時の常連さんの気遣いにほっとしたり、一人のみ女子の飲みっぷりに見惚れたり、休日に他店で食べたつまみが参考になったりなどなど

2020年3月1日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年3月1日]

ひとより少し耳が良くて、引っ込み思案だけど、素直で真っ直ぐなタカコさん。バイト先のテレビインタビューや十周年記念フェアー、叔父の葬儀、激しい雨の日に音が聞き取りにくく困った耳の不自由な人との出会い、暑い夏の一日、友達との行列のできるラーメン店などなど。静かで穏やかで日常の中にもちょっと気づきのあるような読み心地。

2020年3月1日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年3月1日]
ツイートする