砂漠に花の降るように ~世界で一番愛しいオメガ~ (二見書房 シャレード文庫)

4.14
  • (10)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 9
著者 :
choppiさん  未設定  読み終わった 

砂漠の国の王子×わんこ系ハーフ日本人
オメガバース

会社の倒産を機に砂漠の国へ旅行した泉生。豪華な屋敷の前で通り過ぎた王子を見かけたことによりヒートを起こしてしまいます。そして何事だと出てきた王子にあなたは運命だと抱きつく泉生。王子は彼を抱き止め、さらに自宅で保護してくれました。
しかし運命だ好き好きと懐いても、第三次性徴(発情期のこと)が来ていない王子はオメガのフェロモンがわかりません。グイグイ来る泉生に根負けして結婚だけならしてやるという王子も徐々に絆され可愛いがるようになり…。

スパダリ…?
いや、スパダリではあるのですが、受けが攻めを溺愛して熱烈に愛を囁くのはなんというのでしょう。新しいです。かなり強火の受け。楽しかったです。

レビュー投稿日
2021年5月3日
読了日
2021年5月3日
本棚登録日
2021年5月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『砂漠に花の降るように ~世界で一番愛しい...』のレビューをもっとみる

『砂漠に花の降るように ~世界で一番愛しいオメガ~ (二見書房 シャレード文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする