恋という字を読み解けば (ディアプラス文庫)

4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 1
著者 :
制作 : 二宮悦巳 
choppiさん  未設定  いま読んでる 

まず表紙が美しい。
ノンケ会社員×タレント書道家

攻めは、受けの従兄弟が経営する会社で秘書をやっています。その仕事の関係で二人は知り合い、ふとした弾みで受けが社長に片想いしていることを知りました。受けは何かと攻めに懐き、お互い忙しくてろくに友人を作れなかった者同士、意気投合してかなり仲良くなります。ある日社長から婚約することを告げられた攻めは、受けが心配になりアレコレ思い悩むのですが…。

攻めはぶっきらぼうで硬派なかんじ。受けはハーフで金髪碧眼の美人。受けは中学から従兄弟に報われないと知りつつ片想いしてるという一途さ。

苦手な攻め視点のお話です。
そのせいか、私は本編よりその後の話のほうが気に入りました。受けの頼人、幸せいっぱいお花畑の感じが微笑ましい。デレっとしてる時の笑い声がデッヘッヘ。可愛い〜

レビュー投稿日
2019年5月29日
本棚登録日
2019年5月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『恋という字を読み解けば (ディアプラス文...』のレビューをもっとみる

『恋という字を読み解けば (ディアプラス文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする