新世界より(下) (講談社文庫)

4.21
  • (1445)
  • (1118)
  • (513)
  • (106)
  • (14)
本棚登録 : 8181
レビュー : 826
著者 :
chuckさん SF小説   読み終わった 

ああ、面白かった。こんな面白い本を読まずに過ごしていたなんて…!
上巻から下巻まで一気読みだった。こんなにも一瞬で読んだ三部作は初めてかもしれない。

まず何より、悪鬼のホラー描写がなんとも秀逸。
それは超能力の強さとか、描写の上手さもあると思うんだけど、愧死機構という設定が非常にいい味を出している。
中巻からの伏線も良い。一度、過去の出来事として描いておいて、それから「まさか現代に現れてしまうなんて…!」的な展開。構成の勝利。

そんな悪鬼を打ち倒すシーンは、少年ジャンプ的というか、ちょっとしたアクションのようでもあった。
SFにホラーにアクション…多ジャンルを詰め込む作者の力量に感服。

最後の最後で、非常にグロテスクで欺瞞的な世界の真相が明かされる。その上で我々に問いを投げかけてくる感じ。
決して爽やかな勧善懲悪ではなく、課題を与えられたような読後感。これが良い。
まさに「新世界より」渡されたバトンを、現代の我々がどうしていくか。

上巻の感想で、この小説のテイストがジュブナイル小説であると書いた。
でも、この読後感をもって更に、若い子たちにこそ是非読んでほしいという思いを強めた。そういった意味でもジュブナイル小説だった。

レビュー投稿日
2019年7月17日
読了日
2019年7月17日
本棚登録日
2019年7月16日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新世界より(下) (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『新世界より(下) (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする