移民の政治経済学

3.69
  • (4)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 110
レビュー : 9
cicikawaさん 経済学   読み終わった 

データ整理の方法をひたすら議論する本。
勝手な想像だけど、たまたまテーマが「移民」なだけだったのかと思う。それくらい冷静な検討を追えた。

いろんな本を見てると、自由な移動は経済に正の影響を与えると思ってた。
一方で本書では、同じ移動が影響を与える対象によって正にも負にもなることを解き明かす。
改めて、データ整理の難しさを感じた。

細かく書けば書くほどさらなる詳細が気になってしまうジレンマも感じた。どんな影響をどのように除いているのか・・。
やる気にはならないが、当然そこは読者が原論文を追わなければならないところ。

政治としての移民は、感情面含め、いろんな要素が混ざり合う。数字の問題だけで解決するものではないけど、新たな視点を与えてくれる本だった。
経済学は面白いと思う傍ら、物語感が拭えない。
ただ、正しく理解するための正しい根拠の整理方法の追求は、まさしく科学だった。

レビュー投稿日
2018年7月29日
読了日
2018年7月27日
本棚登録日
2018年7月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『移民の政治経済学』のレビューをもっとみる

『移民の政治経済学』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする