獣の奏者 全5冊合本版 (講談社文庫)

4.50
  • (21)
  • (10)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 190
レビュー : 12
著者 :
やぶさん 小説   読み終わった 

【あらすじ】国の資産である「闘蛇」を世話する母は、処刑される寸前、禁忌を犯して娘・エリンの命を救った。やがてエリンは、闘蛇と同様に国が大切に保護する「王獣」に惹かれ、母と同じ「獣ノ医術師」を志す。想いの強さから王獣と心を通わせるようになったエリンは、王国の戦いに巻き込まれ、過酷な運命を背負うことになるーー。外伝1冊を含む、全5冊の合本。
***
【感想】
本編4冊を分解すると、前半2冊はエリンの子ども時代で、自らのルーツを探していく過程。後半2冊は、結婚し、子どもを持ったエリンが、自らの運命と戦っていく話。本来は前半2冊で完結していたはずの物語らしいけれど、後半もあってよかった。個人的には、後半の方が面白く読むことができた。前半は、闘蛇や王獣の謎を解いていくSF的な要素が多いけれど、後半は政治的な駆け引きなどが中心になっているからだと思う。闘蛇や王獣という存在は、おそらく例えでしかない。便利なものを得た時に、それをどう使うかは人間次第だし、戦いが止むことはない。それが人の性だから。「児童文学」というジャンルらしいが、むしろ大人向けの作品ではないかと思った。

レビュー投稿日
2017年4月7日
読了日
2017年4月7日
本棚登録日
2017年4月5日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『獣の奏者 全5冊合本版 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『獣の奏者 全5冊合本版 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『獣の奏者 全5冊合本版 (講談社文庫)』にやぶさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする