フィオーラとふこうのまじょ (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社 (2011年5月26日発売)
4.00
  • (4)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
感想 : 12

〝ある嵐の日、漁に出ていたお父さんの船が行方知れずになり、お母さんは悲しみのあまり病気に。 フィオ-ラの一家は、火が消えたように暗くなってしまい・・・。「知ってるかい? あの漁師の家が、急に不幸になったわけを」「知ってるとも。嫉み深い“不幸の魔女”が、フィオ-ラの“幸せの星”を、横取りしてしまったからさ。それ以来、一家は災難つづきってわけだ」・・・「私のせいで、これ以上みんなを、辛いめにあわせってはいけない」と、フィオ-ラは身支度を整えると、そっと我が家を後にした「さようなら。どうかお元気で!」・・・〟

~作者<たなか鮎子>さんからのメッセージ~
誰も「不幸」にはなりたくありません。でも、残念ながら、それはどんな人の上にも、思いがけなく降りかかってくるものです。 そんな時、不幸から自分を救えるのは、自分しかいないのではないか、と思います。 どんな状況になっても、逃げ出さずに自分と向き合い、心の中から怖れや不安を追い出すこと。 それが幸せへと繋がっていく道なのではないかと思います・・・。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: YA(ヤングアダルト)
感想投稿日 : 2023年12月18日
読了日 : 2023年12月17日
本棚登録日 : 2023年12月17日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする