三国志 10 (潮漫画文庫)

著者 :
  • 潮出版社 (1997年7月23日発売)
3.63
  • (18)
  • (18)
  • (43)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 298
感想 : 22

関羽は袁紹に仕える劉備と再会が叶い、趙雲(ちょううん)という豪傑が家臣に加わります。話は変わって、呉を治める孫策は、袁紹と軍事同盟を結び曹操打倒の執念に燃えていました。ある日、霊験者・于吉(うきつ)仙人が現れると、まやかしの邪宗と罵り処刑してしまいます。呪われた孫策は病に伏してしまい、19歳の弟・孫権(そんけん)に国の執政を託し27歳の生涯を閉じるのでした。やがて曹操は、官渡の戦いで袁一族を滅ぼしてしまいます。南方に残る敵は、呉の孫権と荊州の劉表(りゅうひょう)のもとにいる劉備でした。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: コミック
感想投稿日 : 2020年5月18日
読了日 : 2020年5月7日
本棚登録日 : 2020年5月7日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする