死体を喫う学生

著者 :
  • 2012年10月4日発売
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 2

北海道○○大学の某学生は、血色不良の虚弱体質で何時も一人で校舎や運動場の隅で瞑想に耽っていた。ある霧の深い夜のこと、某学生が寄宿舎を抜け出す。同室の学生Mが不信に思い後を追っていくと「墓場」に辿り着く。そこで見た某学生の姿とは・・・。不治の病と言われた「らい病」に触れた【田中貢太郎】による昭和13年の作品だが、今日では否定される題材である。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 国内フィクション
感想投稿日 : 2020年4月8日
読了日 : 2020年4月3日
本棚登録日 : 2020年4月3日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする