赤いろうそくと人魚

著者 :
  • 2012年10月7日発売
3.43
  • (5)
  • (10)
  • (19)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 119
感想 : 15

優しい人間が住む陸地に憧れた、北の冷たい海に棲む人魚が、我が子を産み落としたことから始まる、本当は怖い【小川未明】の童話です。「蝋燭屋」を営む信心深い老夫婦が、捨て子の人魚を育てあげるのですが、欲に目がくらみ不幸に見舞われていきます。人の心の変容ぶりが、大いなる災いを招くことになることを戒めた、大正10年に新聞掲載された作品です。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 日本文学
感想投稿日 : 2020年1月23日
読了日 : 2020年1月23日
本棚登録日 : 2020年1月23日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする