特殊部落と細民部落・密集部落

0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 2
著者 :
cinejazz0906さん 国内ノンフィクション   読み終わった 

「特殊部落」の起源論である。徳川時代〝百姓は生かさず殺さず〟その中間を泳がしておくのが幕府の施政方針であった。よって下級民は貧乏であった。特殊民(エタ)は、ある種の職業(人の忌み嫌う牢番、断罪人、捕方、掃除、死体片付、死牛馬の皮剥ぎ、皮革製造など)を独占し、ある種の特権を享受しており、余裕ある生計を営むことができた。この富裕層の住む部落に人口が密集していくが、明治維新以後「エタ非人」の称が廃止される。武士階級の廃絶で武具製造が杜絶、皮革製造は頓挫して、部落民の生活は困窮していき「細民部落」とも称された。

レビュー投稿日
2020年2月13日
読了日
2020年2月9日
本棚登録日
2020年2月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『特殊部落と細民部落・密集部落』のレビューをもっとみる

『特殊部落と細民部落・密集部落』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする