東海道五十三次四百年の歴史をあるく

5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
著者 :
制作 : 396 
ckillyさん 東海道   読み終わった 

東海道を歩いている途中で出版されたので、すぐに通販で手に入れました。
作者が2度目の東海道歩きをしたときに、10年前と比べながらその宿場の10年前、今を紹介している部分がまた楽しい。
たった10年でここまで変わってしまうのか・・・と読む側、読みながら歩く側も学ぶことが出来る。

厚くて大きめのため、本を片手に歩きながら道と本の内容を確認し・・・というのは無理。
でも色々詳しく書いてあるのでかなり頼りにしてしまう、頼りにしたい本!
結局・・・2冊買いました(^^;
コピーするよりもう一冊買った方がお得ですから!【←重要】

1冊はカッターでバラして、その回に歩く部分だけを引き抜いて、電車の中で、スタート地点の宿場を目指しながら大事な部分に蛍光ペンでチェックを入れ、出し入れしやすいリュックの脇ポッケに突っ込んで歩きに臨みました。
作者がユーモア溢れすぎている方なので、真面目に電車の中で文章を読んでいると「ぷっ=3」と吹き出してしまうので注意が必要です。

バラした本はどうしたかというと、すべてバインダー用の穴を開けて、A5のバインダーファイルに収めています。
また東海道をもう一度歩くときに持っていくために。

レビュー投稿日
2014年1月2日
読了日
2011年5月13日
本棚登録日
2010年10月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『東海道五十三次四百年の歴史をあるく』のレビューをもっとみる

『東海道五十三次四百年の歴史をあるく』にckillyさんがつけたタグ

ツイートする